人として不自由のない生活を送るために、月収25万円以上は欲しいところです。うまく気分転換することが大切です。

毎日の生活の中でコツコツと
毎日の生活の中でコツコツと

人らしく生活していくためには。

生活をしていくためには、目に見えないところでお金がかかります。最もお金がかかってしまうのが税金です。消費税、所得税、健康保険料、年金、自動車税、住民税などでしょうか。それに加えて、毎月の固定費として、家賃や光熱費、保険料、食費、各種修繕費や公共の電波の受信料金、通信料などがかかるので、どれだけ節約したとしても、月11万円以上のお金がかかってしまいます。楽しく生活をしていくためには、手取りで最低18万円以上の給与が必要になると感じています。18万円は最低の金額であり、普通に生活してくためには月25万円以上は稼ぎたいところです。

近頃、給与のランクで娯楽の質が変わってきているように思います。所得の低い家庭ほど、身近な娯楽に費やす金額が多いです。逆に、所得の多い家庭は、旅行などを楽しむ傾向にあるようです。身近にある娯楽を楽しむのと、遠くにあるものを楽しむのとでは、頭に入る情報の量が違います。遠くの地域に出かけた方が、色々なものを目で見たり聞いたりすることができるため、精神的な面でリフレッシュしやすく、しかも仕事のモチベーションアップにも繋がりやすいのです。退屈な人生を送っていると、仕事を積極的に行う気持ちにもなれず、人として廃っていきます。そうならないように心がけたいところです。