いつか使うかもしれないと何でもとっておくことは、無駄の多い生活になります。一度断捨離をすると変わります。

毎日の生活の中でコツコツと
毎日の生活の中でコツコツと

必要なものだけに囲まれた生活をする。

最近断捨離が流行っています。ただやみくもに何でも捨てればいいということではありません。どの家庭でも、いつか使うかもしれないと思って捨てられない物や、壊れていてもずっと置きっぱなしの物などたくさんあるかと思います。そうした物を捨てるのが、断捨離なのです。いつか使うかもと思ってずっと持っているのは、もったいないという気持ちとは違います。使わない物を持ち続けるということは、その分の場所を取るので、収納場所が少なくなって、無駄なのです。その積み重ねで物がどんどん増えて、収納場所が少なくなり、部屋も散らかってきて、今自分が持っている物を把握できなくなるのです。それは無駄遣いや浪費につながってしまいます。

一度断捨離をして、部屋をすっきりさせると、本当に必要な物だけを選ぶ目が養われ、無駄のない生活をすることができるようになります。ごちゃごちゃした空間では、正しい判断はできません。何かを買う時も、これは本当に必要な物だろうかと一度冷静に考えるようになります。捨てる苦しさや、部屋が散らかる苦痛を味わっているので、何か一つ物が増えることにも抵抗を感じるようになります。それは、物を大切に思う気持ちでもありますし、以前よりも心が整っている証拠です。

ピックアップ