人間らしい生活の為には住居が必要であり、形は完成していても内部はその時代に合わせて進化し続けています。

毎日の生活の中でコツコツと
毎日の生活の中でコツコツと

人間らしい生活に住居は必要不可欠です

生活で求められているのは、やはり何を置いても人間らしく生きることが出来るということです。では人間らしく生きるというのはどういうことなのでしょうか?それは、どこに出しても恥ずかしくない身なりで、キチンとした食事を摂り、極々一般的な住居に住むということであり、その衣食住の基盤の上に教育を受けたり労働をしたり、趣味・娯楽に興じながら生きていくということです。

その為にもまずは生きていく上で欠かせない住居を持たなければなりません。例えば賃貸や持ち家という分類があり、その中でもマンションやアパート、一軒家と細かく分かれています。雨風をしのぎ、夏場の直射日光からも身を守ってくれるものでありながら同時に必要な物を全てその場に置いておくことも出来、更にプライバシーを守ることも出来るので、古代文明時代から現代にまで続く程の長い歴史を経て完成されたものなのです。

数十年前までは個人の部屋などそうそう持つことが出来ず、兄弟や親と同じ部屋で過ごしていたものなのですが、現代では子供は自分の部屋を持ち、親もまたそれぞれの部屋を持つ場合もあり、家族とはいえプライベートの空間を持つようになってきました。このように、住居は自体の形は完成されながらもその内側は時代に合わせて進化してきているのです。

ピックアップ