簡単な電気代の節約について記述します。待機電力は、一番の無駄なので、意識した生活をしましょう。

毎日の生活の中でコツコツと
毎日の生活の中でコツコツと

節約生活をしよう電気代

日々の生活の中で、お金は大切な生きる為のツールです。節約を心がけ、無駄な出費を出来るだけ減らしたいものですね。電気代の節約について、少し説明します。電気代の中で、もっとも無駄なものは、「待機電力」です。待機電力とは、その名の通り待機している時に使っている電力です。テレビやエアコンなど、その時に使っていなくても、主電源が入っているだけで微量の電力を消費しているのです。冷蔵庫は、保存しなければいけないので電源を抜いてしまっては機能の効果を果たしませんが、テレビは見るときだけ電源を入れれば十分だと思います。

待機電力は、月々の電気代の約10パーセントほど占めていると言われています。一ヶ月一万円かかっているとすると、約千円…無視出来ない消費だと思います。使っていない時間は、コンセントごと抜いておくことご有効です。しかし、毎度毎度コンセントを抜くのは面倒だ、大変だと考える方も多いと思います。そこでおすすめなのは、スイッチ付省エネタッグを使用する、ということです。スイッチを切っておけば、電化製品に電力が送られないので、それだけでかなりの節約になります。また、使わない部屋や、場所の電源を、ブレーカーごと落としておくことも有効と言えるでしょう。無理のない範囲で、節約生活を心がけてみると良いと思います。

ピックアップ