自然災害の怖さということで、日本での日常生活では常に準備と警戒が必要ということを書いています。

毎日の生活の中でコツコツと
毎日の生活の中でコツコツと

自然災害と日常生活の近さ

最近の災害のニュースも増えているように思いますが、例えばこの前の御嶽山の噴火でも、安全だと思っていた登山などでも急に噴火をしたことにより、何十人の人たちが噴石で亡くなったということで、子どもたちまで巻き添えになりましたが、かわいそうなことです。また台風などでも毎年誰かが亡くなります。それは江戸時代の話ではなく、この科学が進んだ現代での日本で起こっているということですし、土砂崩れなども毎年必ず起こり、被害にあっています。その他の自然災害も、日常生活では常に関係してくる身近な話題になっています。そのように地震や災害でも私達は常に準備をしておかないといけないということですし、自然を甘く見て対処を忘れるようなことがないようにしないといけないということになります。

地震などでは私達も常に対処しているといってもよいともいますが、しかしどのような災害が青天の霹靂として自分や家族を襲うかわからないので、その対処もしなければならないというこが、今の私達の日常生活ということになります。特に家族の場合には、子どもたちがそのような被害に遭うことは、その後では悔いても悔いきれないということになります。自然災害への準備ということは、特に日本の生活では必須条件ということになります。

ピックアップ